end polio now

ポリオプラス通信バックナンバーBack number

ポリオプラス通信 第20号

2022年02月15日(火)

ポリオ根絶に向けた最新情報をお届けしますので、そちらを例会等周りの方たちに情報共有して頂ければと思います。
毎月発行されますので、メールマガジンへの登録をおススメ致します。
(登録方法は下部を参照ください)

2022/02/15発行メールマガジン

Polio Eradication News==============

ポリオプラス通信 ~ポリオのない世界へ
第20号 2022.2.15

=========================

国際ロータリー第2750地区ロータリー財団委員会に
所属するポリオプラス委員会の新たな試みとして、
毎月15日にメールマガジンを発行することにしました。
国際ロータリーの最優先事項はポリオ(小児麻痺)
根絶です。
多くの方たちにポリオの現状とこれまでの活動を知って
頂きたいと思い、情報発信します。

=========================

皆さん、こんにちは。

2月に入り、暦の上では立春を迎えていますが、
まだまだ寒い日々が続いています。
皆様も体調を崩さぬようご自愛ください。

さて、嬉しいニュースが入って来ました。
去る1月26日に、パキスタンでポリオ発症者がゼロの
期間が1年を迎えました。
3年間発症者がいないと、その地域での野生型ポリオ
ウィルスが根絶されたと認定されます。
ですので、このままあと2年発症者がゼロを継続した場合、
2024年にはWHOがパキスタンにポリオ根絶を宣言します。

残るポリオ常在国のアフガニスタンは昨年1月から発症者
ゼロでしたが、10・11月と連続して発症者を出し昨年4名
でした。
12月は発症者ゼロでしたが、今年1月に発症者1名が
報告されました。2019年は176名、2020年は140名だった
発症者が昨年4名まで激減した背景はコロナ禍においても、
サーベイランス(監視活動)が整っていたからだと
思われます。

タリバン政権になっても、これまでと同じように活動
できるように尽力して行きたいと思います。

もちろんコロナ禍の影響で手洗い等衛生面が劇的に改善
されたことも一因と考えられます。
コロナ禍により世界は未曾有の混乱へ陥りましたが、
ことポリオ根絶においては、大きなブースターの役割に
なったようです。

遠くない未来にあるポリオ根絶へ向け、最後の一押しの
活動をしていきましょう!

=========================

〈ポリオクイズコーナー〉
これまでの活動や現状をクイズ形式で
お伝えするコーナーです。

=========================

《問題》

ロータリーとパートナーシップを結ぶビル&メリンダ・
ゲイツ財団ですが、ロータリーが行うポリオ寄付の2倍の
金額を上乗せする約束をしています。その金額の上限は
いくらでしょうか?

A.  1億5000万ドル
B.  2億ドル
C.  2億5000万ドル










《答え》
正解はA.1億5000万ドルです。
ロータリーの寄付5000万ドルに対して2倍の上乗せが
されます。この資金はサーベイランス(監視活動)、
技術支援、予防接種活動の運営支援など、ポリオ根絶
活動に充てられます。

=========================

【ポリオ罹患者数】
2022年2月9日現在
2022年の野生株のポリオ罹患状況は以下の通りです。
パキスタン   0名
アフガニスタン 1名
合 計                1名

2022年は合計5名の罹患者でしたが、その内パキスタンは
1年間0名が続いています。
アフガニスタンは残念ながら1名の罹患者が現れました。
10月からの4ヶ月間で5名の罹患者が出ています。
今が正念場と考えます。
何とかゼロに戻したいところです。

=========================

【編集後記】

ポリオプラス通信を読んで頂きありがとうございます。

先日「愚の如し」という文章を読みました。
その中でお釈迦さまの弟子に周利般得という愚者が出て
きます。
学問をさせても全て忘れてしまう。わずか四行の経文も
覚えられないほどの愚鈍であったそうです。
周りも呆れ果てついに周利般得は教団を追放されます。

お釈迦さまはこれを憐れんで一本の箒を与えられ、
毎日寺の庭を掃きながら、「塵を払わん、垢を除かん」
の二句だけを唱えるように訓されたそうです。

それから彼は怠ることなく庭を掃き続け、日を重ねる
うちに払うべき塵とは何か、除くべき垢とは何か、
それは我が心のうちにある塵、我が心のうちにある垢
であることを悟るようになったそうです。

私たちは結果や成果を求めて、ややもするとスマートに
上手くやろうとします。
しかし周利般得のように一つのことに愚直に取り組み
続けることで、道を修めることができるのだと教えて
くれています。

禅においては周利般得のように正直にひたむきに生きる
一途さこそ尊ばれるそうです。

翻ってポリオ根絶のことを考えると、私たちロータリー
全体でポリオプラス・プログラムを始めたのは1985年
からです。
今年で37年になりますが、ポリオ根絶のために寄付を
募り、仲間を募り、その間ポリオ常在国が125カ国から
2カ国までになりました。その2カ国のうちパキスタンは
1年間ポリオ発症者が出ていません。

35万人以上いた発症者は昨年は5人まで減少しています。
まさに愚の如く取り組んできた成果です。
ポリオ根絶までもう少し、愚直に真摯に活動していきたい
と思います。

=========================

最後に・・・
このメールマガジンが、ポリオ根絶を成し遂げる情報共有
の場ともなるよう、読者の皆さんとともに歩んでいきたい
と思います。
ぜひ皆さんのご意見・ご感想をお聞かせください。
また、お知り合いの方たちへもこのメールマガジンを
ご紹介ください。

アーカイブはこちらからご覧ください。
https://rid2750.org/news/

=========================

○メールマガジン「ポリオプラス通信~ポリオのない世界へ」
発行責任者  邦明
国際ロータリー 第2750地区 ロータリー財団
ポリオプラス委員会
polioplus2750@gmail.com
アドレス変更・解除は
https://www.mag2.com/m/0001692155

=========================

 

メールマガジンの登録は下記ページにアクセスして登録してください

 

 



記事一覧へ戻る

HOME/ポリオプラス通信バックナンバー/ポリオプラス通信 第20号