ロータリーとは

概要

私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。
 
1905 年にシカゴで創設されたロータリーでは、110年以上、さまざまな職業をもつ人や市民のリーダーが「世界を変える行動人」となり、その経験と知識を生かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできました。識字率向上、平和構築、水と衛生の改善など、幅広い分野で持続可能な影響をもたらすために、ロータリーの会員は毎日、世界のどこかで活動しています。
・・・詳細:ロータリーとは(Rotary International)
 
 

ロータリーの歴史

ロータリーは、一人のアメリカ人のビジョンによって始まりました。その人の名は、ポール・ハリス。シカゴで弁護士として働いていたハリスが、世界初のロータリークラブ(シカゴ・ロータリークラブ)を設立したのは、1905年2月23日。さまざまな分野の職業人が集まって知恵を寄せ合い、生涯にわたる友情を培うことのできる場をつくることが、ハリスの夢でした。
 
設立以来、ロータリーは徐々に人道的奉仕にも活動を広げ、今ではさまざまな職業や文化をもつロータリー会員が日々、さまざまな課題を解決するために草の根の活動や国際的な取り組みを行っています。
・・・詳細:ロータリーの歴史(Rotary International)
 
 

日本のロータリー


わが国最初のロータリークラブは1920(大正9)年10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に世界で855番目のクラブとして、国際ロータリーに加盟が承認されました。
日本でのロータリークラブ設立については、ポール・ハリスの片腕としてロータリー組織をつくり、海外拡大に情熱的に取り組んだ初代事務総長チェスリー・ペリーと、創立の準備に奔走した米山梅吉、福島喜三次などの先達の功を忘れることはできません。
その後、第2次世界大戦の波に洗われて、1940年に国際ロータリーから脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟しますが、この時、復帰に尽力してくれたのが国際ロータリーの第3代事務総長ジョージ・ミーンズでした。
その後の日本におけるロータリーの拡大発展は目覚しいものがあります。 ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位は不動のものになりました。
現在、日本全体でクラブ数は2,252、会員数89,051(2019年8月末現在)となっています。
 
 

ロータリーのしくみ

ロータリーは、クラブ、国際ロータリー、ロータリー財団の3本の柱で支えられています。これらが一体となって、世界中の地域社会に持続可能な変化を生み出しています。
・・・詳細:ロータリーのしくみ(Rotary International)
 
 

ロータリー財団

ロータリー財団は、皆さまからのご寄付を世界各地での
奉仕活動に役立てています
100年以上も前に創立されて以来、ロータリー財団は、教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトに総額40億ドル以上の資金を提供してきました。
ひとつひとつのご寄付により、世界中の地域社会を少しずつ変えていくことができます。
nbsp;
ロータリー財団の使命
ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。
・・・詳細:ロータリー財団(Rotary International)
 
 

ロータリー資料 フロントページへ

 

ロータリーレート:105円 (2020年12月)

2750地区会員数:4,674名 (2020年10月末現在)

2750地区My Rotary登録:46.44% (2020年11月2日現在)

ガバナー月信メルマガ配信登録



グローバル補助金ロータリー奨学生募集
メークアップ検索


第2750地区会員委員会 第2750地区社会奉仕委員会
第2750地区青少年交換委員会 第2750地区公共イメージ委員会
第2750地区ロータリー財団委員会 ロータリー米山記念奨学会
第2750地区2020支援委員会 国際ロータリー
ロータリーの友 ロータリー文庫