攻めより守りの増強へ(8月は会員増強月間)

2020年4月の緊急事態宣言以降、私たちの生活は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を前提としたスタイルに変化してきました。国際ロータリー(RI)でも例会や会議においてオンラインツールの積極的な活用を推奨するという声明が発表され、環境に適応する柔軟性が求められています。
 
今年度ホルガー・クナークRI会長が提唱したテーマ「ロータリーは機会の扉を開く」とその方針説明には、このコロナによる世界的混乱を予期していたかのように、まさに時代の変化に柔軟に対応することを掲げられていました。
 
また、福原ガバナーが提唱されている「バリアフリー・マインド」では、奉仕される相手と同じ目線に立ち、柔軟な心で活動をおこなうことが掲げられています。この方針に沿って、地区内のいくつかのクラブでは、従来の奉仕活動がままならないなかでも、コロナ禍の社会のニーズをいち早く取り込み、医療従事者への奉仕活動が数多くおこなわれています。そして今後も奉仕活動のみならず例会方式や親睦活動も柔軟な対応が求められてくるものと考えられます。
 
こうした中、会員委員会の3つの小委員会「会員増強・維持委員会」「ロータリー情報委員会」「親睦・親善委員会」では、前例のない昨今の状況に対応すべく方針を定めました。
 
特に「会員増強・維持委員会」は、例年において「増強」に重きを置いて活動していましたが社会情勢が不安定であることに鑑みて今年度は「維持」に重点を置き、「攻めより守り」の姿勢で活動をしています。この会員基盤の「維持」に対する意識が、親睦活動の活性化や会員間の絆の強化につながり、結果的にクラブを守り将来的な「会員増強」に結びついていくことと考えています。
 
この年間を通した活動方針に加え、8月は会員増強月間であることから、増強における重要項目「女性会員、40歳以下の会員が入会しやすい環境づくり」を推奨し、バリアフリー・マインドで掲げる多様性と柔軟性をより実現していくことを目指します。
 
さらに、この重要項目の達成のため2種類の地区特別賞を設けました。会員委員会では(1)女性会員の入会を初めて認めたクラブには「女性会員に扉を開けた賞」、(2)女性会員のある一定基準の純増を達成したクラブには「女性会員を勧誘した賞」です。
 
また、増強・維持に関する活動以外にも、地区内のクラブがどのように対応されているのか対応策をアンケートし、集計結果をまとめて会員委員会のホームページ等で情報発信をおこないます。
 
この未曽有の状況において、これまで長きにわたりおこなわれてきた奉仕活動やロータリークラブの基盤を守ることを最優先し会員委員会は一年間を通して活動していきます。

国際ロータリー第2750地区
会員委員会 委員長
石川 和子(東京中央新RC)

 
 
 

社会で活躍する若きリーダーたち

最近では起業や事業を通じて社会をけん引し、地域活性に貢献している若い世代が増えています。未来の可能性を秘めた若きリーダーたちの中には、異業種間交流や社会貢献に関心を抱いている人が少なくありません。ロータリー入会の資格を十分に備えたこれら若い世代をクラブに迎え入れることは、ロータリーとクラブの未来にとっての必須課題です。しかしそのためには、まず相手をよく理解する必要があります。
 
「若い世代の職業人とともに」キットには、若い世代の入会・参加促進のアイデアから具体的な方法まで、幅広い情報が紹介されています。今までのやり方にとらわれずに仲間を増やしていくための参考としてください。
 
「若い世代の職業人とともに」
ラーニングキット(クリックすると別ウインドウが開きます)
 
 

お知らせ

お知らせ一覧

ロータリーレート:105円 (2020年8月)

2750地区会員数:4,644名 (2020年6月末現在)

2750地区My Rotary登録:46.47% (2020年7月14日現在)

ガバナー月信メルマガ配信登録


グローバル補助金ロータリー奨学生募集
メークアップ検索


第2750地区会員委員会 第2750地区社会奉仕委員会
第2750地区青少年交換委員会 第2750地区公共イメージ委員会
第2750地区ロータリー財団委員会 ロータリー米山記念奨学会
第2750地区2020支援委員会 国際ロータリー
ロータリーの友 ロータリー文庫