6月は、ロータリー親睦活動月間です

ロータリー親睦活動は、共通の趣味、レクリエーション、職業的関心の下にメンバーが集まる国際的なグループで、グループごとに独自に運営されています。
メンバーは楽しみを分かち合い、世界中の人びとと親睦を深めながら、ロータリーでの経験をより深いものにしています。
 
 

ロータリー親睦活動グループとは?


以下のような共通の関心の下に集まるメンバーから成るグループ:
・レクリエーション活動
・趣味
・スポーツ
・職業
・ロータリーの歴史&文化
 
 

親睦活動グループの具体例

現在ロータリーでは、80を超えるロータリー親睦活動グループが認定されています。
共通の関心事を通じて奉仕を行っている親睦活動グループも多くあります。
例えば、カヌーの親睦活動グループは、河川の清掃プロジェクトを実施してきました。
コンピューターの親睦活動グループは、各会員の地元でロータリアンや一般の人々を対象にパソコン研修を行ってきました。
また、スキューバダイビングのグループは、ダイビング目的の旅行先でロータリーの奉仕活動に参加しています。

 
このほかにも、
・スキー親睦活動
・ヨット親睦活動
・ロータリアン音楽家の国際親睦活動
・ロータリアン医師と保健従事者の国際親睦活動
・アンティーク自動車親睦活動 などのグループもあります。
ロータリー親睦活動での活動は通常、オンラインまたはEメールのやり取りなどで行われますが、会員が定期的に顔を合わせる機会も設けています。
例えば、スポーツの親睦活動では、地域別や全世界での試合やトーナメントを開催しています。
旅行や見学旅行に関する親睦活動では、会員が皆関心を持っている目的地へのグループ旅行を実施し、また、職業関連の親睦活動では、コンファレンスやセミナーなどで会合を開いています。
このような活動を行うことで、親睦活動やロータリーに対する会員の関心を維持するとともに、新会員を引き付けることができます。
 
 

親睦活動グループのメリット


ロータリー親睦活動グループは、
・クラブや地区を超えてロータリーでの経験を豊かにできる。
・さまざまな文化圏や地域のロータリアン、ローターアクター、プログラム参加者との親睦を深められる。
・世界中の共通の関心をもった人たちをつなぎ、末永く続く親睦とより良い世界理解を促すことができる。
・同じ職業に就いている海外の人と知り合うことで、職業的な見識が広がる。
・新たな方法で奉仕を行う機会を見つける。
 
 

親睦活動グループへの入会

関心のある活動をしているグループをウェブサイト(www.rotary.org/fellowship)から見つけ、直接連絡を取る
 
 

親睦活動グループの結成

新しい親睦活動グループの結成に関心がある場合は、www.rotary.org/fellowshipsを
参照し、結成までのステップをご確認ください。
グループの認定に必要なもの:
少なくとも25名のメンバー候補者(少なくとも5カ国から)
グループの目的を明確に説明した申請書
グループの細則(提案)
役員とその責務(提案)
 
 

お知らせ

お知らせ一覧

ロータリーレート:114円 (2021年12月)

2750地区会員数:4,558名 (2021年10月末現在)

2750地区My Rotary登録:50.31% (2021年9月26日現在)

ガバナー月信メルマガ配信登録



メークアップ検索


第2750地区社会奉仕委員会
第2750地区会員委員会 第2750地区公共イメージ委員会
第2750地区青少年交換委員会 比国育英会バギオ基金
RYLA委員会 ロータリー米山記念奨学会
第2750地区ロータリー財団委員会 国際ロータリー
第2750地区2020支援委員会 ロータリーの友
ロータリー文庫