2月は、平和構築と紛争予防月間です

2月は、平和構築と紛争予防月間です
 

生活の中で平和構築を実践する10の方法

平和構築を目的としたロータリーのプログラムや活動に参加する方法は数多くあります。
 
1.
ロータリー積極的平和アカデミー(英語)に登録する。
経済平和研究所との提携により開設されたこのアカデミーでは、平和構築、紛争の原因への取り組み、積極的平和への認識向上の方法を学ぶことができます。
 
2.積極的平和に関するクラブ向けプレゼンテーションと進行役用ガイド(英語)を読み、クラブでプレゼンテーションを行って平和促進に関する対話を促す。
または、地区大会中に積極的平和やロータリー平和フェローシップに関する分科会を開く。
 
3.
ロータリー平和フェローにふさわしい候補者を募り、推薦する。
または、地区ロータリー平和フェローシップ小委員会のメンバーとなる。
 
4.
地区内に住む/勤務するロータリー平和フェローを見つけ、フェローシップでの体験や平和構築の仕事について卓話をしてもらう。
地区内のロータリー平和フェローを探している方は、地区学友委員長またはalumni@rotary.orgにご連絡ください。
地元にいる平和フェローの参加を促す。
フェローはクラブの平和構築プロジェクトの計画や実施を手伝うことのできる貴重な人材です。
 
5.
地区内に平和フェローがいない場合、ロータリー平和フェローシップ学友会のウェブサイトを訪れ、オンラインの講演者データベース(バーチャルな方法で卓話ができる平和フェローのデータベース)をご覧ください。
バーチャルな卓話がどのようなものかは、過去の卓話でご覧いただけます。
 
6.
「グローバル平和推進地区」となることを地区に呼びかける。
このプログラムは、地区がロータリーのさまざまな平和活動(ロータリー平和フェローシップと「平和構築と紛争予防」の重点分野を含む)を支える機会となります。
地区は、DDFか現金寄付を通じて「グローバル平和推進地区」となることができます。また、冠名寄付の機会もあります。
 
7.
海外の地区とともに国際共同委員会(ICC)またはロータリー友情交換を立ち上げるか、ロータリー親睦活動グループを設立する。
これら三つのプログラムは、平和構築と国際理解の優れた方法であることが実証されています。
平和構築にかかわるインスピレーションあふれるストーリーが、これらのプログラム(ICC、友情交換、親睦活動グループ)から数多く生まれています。
 
8.
世界の理解と平和を促進するために、若いリーダーと協力する。
ロータリー青少年交換を通じて学生を海外に派遣したり、海外からの学生を受け入れ、世界に変化をもたらすことを学生に呼びかける。
異文化理解を促進するために、インターアクトクラブとともに学習プロジェクトや奉仕プロジェクトを実施する。
 
9.
異文化理解を促進するために、学習プロジェクトや奉仕プロジェクトの実施を地元ローターアクトクラブに呼びかける。
これまでにも、ローターアクターによってインスピレーションあふれる平和プロジェクトが実施されています。
 
10.
平和構築に取り組むパートナー組織と協力する(国境なき調停者団(Mediators Beyond Borders International)、シェルターボックス、平和部隊、アショカ)。
●国境なき調停者団と協力して、ロータリーファミリーのための研修イニシアチブ「Peace Conversations Facilitation Program」(平和対話促進プログラム)の実施を地区に奨励する。
●ロータリアンにより設立されたシェルターボックスの活動を支援する。シェルターボックスは、紛争や自然災害により家を追われた家族に緊急シェルターや必需品を提供する団体です。
●(米国のみ)地元に住む平和部隊のボランティアに連絡し、地域社会での平和医プロジェクトでの協力を提案する。
●変革を促すアショカの幅広い専門家と協力して、より良い地域社会と世界を築く活動への支援とリソースを得る(例:アショカフェローのGary Slutkin氏と同氏の団体 Cure Violence Globalとの協力など)。
 
 
ロータリーの平和構築プログラムと活動に参加するためのそのほかのアイデア
>> ロータリアンによる世界各地の平和構築活動を支援する平和のためのロータリー行動グループへの参加や、積極的平和を推進する同グループの Peacebuilder Club(平和構築クラブ)プログラムへの参加をクラブ会員に呼びかける。グループによるプレゼンテーション動画(英語)で、平和構築に力を捧げるロータリーファミリーの話をお聞きいただけます。より平和な世界をつくるために活動するこのほかのロータリー行動グループもあります(強制労働防止のロータリー行動グループ、家庭内暴力防止のロータリー行動グループなど)。
 
>> ロータリーは、国連をはじめ、主要な国際機関と強い関係を保ち続けています。今日、この関係はロータリー代表ネットワークを通じてさらに強められています。クラブが実施する平和構築プロジェクトが特定の国連機関の専門分野と重なっている場合、各機関を担当するロータリー代表に連絡し、例会でのオンラインの卓話を依頼することもできます。ロータリー代表の連絡先は、ロータリーお問い合わせセンターにお尋ねください。
 
>> 世界で7000万人以上が、紛争、暴力、迫害のために家や祖国を追われています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との協力の下、ロータリーは、難民コミュニティの参加促進と支援の方法を紹介したツールキット[近日中に発行予定]を作成しました。世界の難民危機および地域社会における難民の体験について知ることで、理解を深め、平和を促進することができます。
 
 

お知らせ

お知らせ一覧

ロータリーレート:104円 (2021年2月)

2750地区会員数:4,600名 (2021年1月末現在)

2750地区My Rotary登録:46.74% (2021年2月24日現在)

ガバナー月信メルマガ配信登録



グローバル補助金ロータリー奨学生募集
メークアップ検索


第2750地区会員委員会 第2750地区社会奉仕委員会
第2750地区青少年交換委員会 第2750地区公共イメージ委員会
青少年交換委員会 RYLA委員会
第2750地区ロータリー財団委員会 ロータリー米山記念奨学会
第2750地区2020支援委員会 国際ロータリー
ロータリーの友 ロータリー文庫