end polio now

ポリオプラス通信バックナンバーBack number

ポリオプラス通信 第5号

2020年11月15日(日)

ポリオ根絶に向けた最新情報をお届けしますので、そちらを例会等周りの方たちに情報共有して頂ければと思います。
毎月発行されますので、メールマガジンへの登録をおススメ致します。
(登録方法は下部を参照ください)

2020/11/15発行メールマガジン

Polio Eradication News===============

ポリオプラス通信 ~ポリオのない世界へ
第5号 2020.11.15

==========================

国際ロータリー第2750地区ロータリー財団委員会・
ポリオプラス委員会の新たな試みとして、
毎月15日にメールマガジンを発行することにしました。

国際ロータリーの最優先事項は
ポリオ(小児麻痺)根絶です。
多くの方たちにポリオの現状とこれまでの活動を知って
頂きたいと思い、情報発信します。

===========================

皆さんこんにちは!
11月は財団月間ですね。
ポリオ関連の卓話を聞かれる機会も多いかもしれません。
ぜひポリオの現状と課題を知って頂ければと思います。

さて、今回は円覚寺管長の横田南嶺老師の禅語に学ぶという
『致知』の連載から力づけられたことを綴ります。

『法華経』の常不軽菩薩品に出てくる一節に、
「わたくしはあなた方を軽んじません。
あなた方は皆、仏になるのですから」と言って、
道ゆく人に誰にでも礼拝する比丘の話が出ています。

時には怒りだす者もいて、杖で打たれたり、
石を投げられたりしましたが、それでも遠くから大声で
「わたくしは、あなた方を軽んじていません。
あなた方は皆、仏になるのですから」と言ったそうです。
人々は嘲って「常不軽」と名付けたそうです。

この逸話に『法華経』の真髄があると言います。
仏とは何か。

かつて武蔵野大学の入口に高楠順次郎先生の言葉が
掲げられていたそうです。
「人間の尊さは可能性の広大無辺なることである。
その尊さを発揮した完全位が仏である」
南嶺老師は仏とは無限の可能性であると言います。

どんな人に対しても、
「わたくしは、あなたを軽んじることはしません。
あなたには無限の可能性が宿っているからです。
その可能性を十分に発揮することを私は信じています。」
という心で拝みたいと記す南嶺老師の言葉に、
ポリオ根絶へ至る私の心構えが重なりました。

ポリオ根絶まであと2カ国となりましたが、まだまだ砂漠に
水を撒くハチドリの一滴のように思える時があります。
そのような時この常不軽菩薩様のような思いで
信じて待ってくれている方がいると思えば、
どんなに力が湧いて来ることか。

ポリオ根絶への道はまだ続きます。
私たち一人ひとりに宿っている無限の可能性を信じて、
これからも活動していこうと気持ちを新たにしました。

===========================

〈ポリオクイズコーナー〉
これまでの活動や現状をクイズ形式で
お伝えするコーナーです。

===========================

《問題》

1988年以来、ポリオを根絶するため諸団体が緊密な連携を
取れるようGPEI(世界ポリオ根絶推進活動)に取り組んできました。
では以下のうち、GPEIに所属していない団体はどれでしょうか?

A. アメリカ疾病対策センター
B. WHO
C. ユニセフ










《答え》
実は全て国際ロータリーと共にGPEIの主要団体です。
この他にビル&メリンダ・ゲイツ財団、GAVIアライアンス
などの団体がパートナーとして活動しています。

===========================

【ポリオ罹患者数】
2020年11月3日現在
野生株のポリオ罹患状況は以下の通りです。
パキスタン   80名
アフガニスタン 53名
合 計       133名

前年同時期では合計100名でした。
今年の増加のペースが落ちてきたようです。このまま収束に
向かうのかは予断を許さない状況です。

===========================

【編集後記】
今回もポリオプラス通信を読んで頂きありがとうございます。
皆さん、バタフライエフェクトという言葉をご存知ですか?
エドワード・ローレンツという気象学者の講演の題名
「ブラジルの一頭の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を起こすか」
に由来するそうで、非常に些細な小さなことが要因を引き起こし
だんだんと大きな現象へと変化することです。

この言葉に可能性が広がります。
ポリオプラス通信の発行部数はようやく110部を超えました。
世界から見れば、蝶の羽ばたきにもなっていないかもしれません。
しかし、この活動が、パキスタン、アフガニスタンのポリオ
常在国では大きなうねりになっているかもしれないと思うと
力が湧いてきます。

バタフライエフェクトを信じて、皆さんと一緒にこつこつと
積み重ねていきたいと思います。

===========================

最後に・・・
このメールマガジンが、ポリオ根絶を成し遂げる情報共有の場
ともなるよう、読者の皆さんとともに歩んでいきたいと
思います。
ぜひ皆さんのご意見・ご感想をお聞かせください。
また、お知り合いの方たちへもこのメールマガジンをご紹介
ください。

===========================

○メールマガジン「ポリオプラス通信~ポリオのない世界へ」
発行責任者  邦明
国際ロータリー 第2750地区 ロータリー財団
ポリオプラス委員会
polioplus2750@gmail.com
アドレス変更・解除は
https://www.mag2.com/m/0001692155

===========================

 

メールマガジンの登録は下記ページにアクセスして登録してください

 

 



記事一覧へ戻る

HOME/ポリオプラス通信バックナンバー/ポリオプラス通信 第5号